読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豚肉の生食は大変危険

ゲームについていろいろと

【6世代シングル】レート2200杯 使用構築と感想

どうも、このたびポケモン6世代で最終レート2200以上の者のみが出れる大会、通称22杯に参加してきました。2年ぶりのポケモンですが、新作に向けて自分がどこまで戦えるか楽しみでした 

まずこの大会、レートやその他の大会と決定的に違うところがあります。それは参加者のレベルが圧倒的に高いということです。まがりなりにも最終2200以上というのは簡単にできるものではないですし、少なくともある程度は実力の伴った人が出場しているでしょう。そして自分はそこで勝たなければいけない。そのためにはどうするか。自分はいつもスタン構築気味に地雷を仕込む初見殺し的なPTをよく使用していた。しかし6世代は始まってから長い時間が経っており、初見殺しは決まりにくくなっていると考えた。そして普通のスタンで真っ向から挑むのも、ORAS現役でやってきた人に知識や経験の面で後れを取っている以上勝ち抜けるか怪しかった。そこで運要素を使って経験差をひっくり返す構築で挑むことにした。そこで考えられるのがピクシー、オニゴーリ、催眠ゲンガーなどだが、今回はガルーラが多くなることを予想し、催眠ゲンガーを軸にしたパーティでこの大会に臨むことにした。

 

そして結果は・・・・・・・!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1-6 ゴミ 以上 興味ある人はどうぞ 一応自分なりにいろいろ考えたつもりです

使用構築

ゲンガー@ゲンガナイト CS

催眠術 たたりめ 気合玉 身代わり

ガルーラ対面で催眠ぶっぱ ゲンガー対面で催眠ぶっぱ このポケモンは基本的にレートではケアしきれないので、切っている人が多いと読んだ。また催眠は当てれば祟り目により受けを許さないのも非常に強力である。ボルトロスの電磁波から展開する場合に役立つ身代わりを採用した

ガルーラ@ガルーラナイト HA

秘密の力 グロウパンチ じしん ふいうち

ゲンガー選出しないときの軸兼見せあいの圧力 この構築は積みサイクル寄りで、ボルトロスの電磁波を味方にし全抜きを狙えるグロウ不意打ち型に

ボルトロス@いのちのたま CS

10万ボルト めざめるパワー氷 でんじは いばる

HBと迷った 電磁波 威張るによる補助とアタッカーとしての両方の側面を持つ。

マンムー@気合のタスキ  AS

こおりのつぶて どくどく じしん ステルスロック

起点作り兼ガブボルト対策であり襷枠

ガブボルトがかなりつらいため補完として入ってきた

ウルガモス@ラム CS

だいもんじ めざめるパワー氷 蝶の舞 むしのさざめき

ゲンガーは決まれば一気に試合を傾けることができるが、逆に外す危険もある。ゲンガーが外して突破された場合数的不利になってしまい、サイクル戦では勝てないのでワンチャンが残る積みポケモンでゲンガーやボルトロスに強いウルガモスを採用

 

以上です

催眠→気合玉を両外しなど運がよくなかった試合が多かった。神聖な大会を運ゲーで荒らそうとしたバチがあたったのかもしれない。そもそも実力負けが2試合と、相手のほうが勝率の高い運ゲーが一回あったため、どちらにしても予選を抜けるのは無理だったので仕方がないが。運負けと呼べる試合も4戦すれば起こりうる範囲なので予選抜けれなかったのは自分の実力不足だろう。SMではがんばります。